葉酸の健康効果を高めるにはトマトが有効!

葉酸は、赤血球や細胞に欠かすことができない栄養素です。
特に胎児の成長には不可欠なため、妊娠中は意識して摂取する必要があります。

 

また、妊娠中ではなくても、赤血球の生成に欠かせないので、貧血の予防にも効果的です。
お酒を飲む習慣のある人や、薬を飲んでいる人は不足していることがあるので、
注意が必要です。

 

トマトは、葉酸を多く含む食べ物です。
レバーやうなぎのキモなど、クセのある食べ物に多く含まれていますが、
枝豆やホウレンソウ、アスパラなどの野菜にも含まれています。

 

また、トマトにはビタミンCが豊富に含まれているために、鉄の吸収を高める作用もあり、貧血への強い効果を得ることができます。
さらに、カリウムも含まれていて、余分なナトリウムを体外に排出して、高血圧の予防する働きもあります。

 

このように、葉酸と一緒に取ると効果がアップすることが分かっています。
しかし、トマトそのものではなくて、市販のジュースにしてしまうと、塩分や糖分などが多く含まれていることもあります。

 

サラダとして食べる場合も、ドレッシングをかけすぎてしまうと、塩分の過剰摂取につながります。
ビタミンは新鮮なうちに食べると吸収がいいので、切ったらすぐに食べるようにしましょう。